So-net無料ブログ作成

ついに芸能界からも批判の声・・・セカオワはなぜそんなに嫌われるのか? [芸能]





2014年、ネット上を最も賑わせたアーティストと言っても過言ではない

SEKAI NO OWARI(通称:セカオワ)

303768f8-s.jpg

「メンヘラ感がやばい」

「歌詞が厨二病」

などと、ネット上で面白いくらいに嫌われている彼ら。

新年早々、ついに芸能界からもこんな声が・・・


その内容がこちら
↓ ↓ ↓


スポンサードリンク



以下引用
ラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)で有吉弘行が、SEKAI NO OWARIについて「八王子のチンピラみたいな歌い方」と毒舌を披露する一幕があった。
有吉は「拡声器持って、角材持って歌っているのがいるわ。なんかタイマーズみたいな」と話し始め「なんだあれ。拡声器持って、旗かなんか持って、八王子のチンピラみたいな歌い方する…」と指摘した。安田から「SEKAI NO OWARI」の名前が出ると、有吉は「ああ、そうそうそうそう!」と同意したうえで「なんか歌ってたよ。『なんかが~なんかが~なんかが~なんかが~いる~』つって。なんなんだよ! なにがいたんだよ!?」と、SEKAI NO OWARIの「ドラゴンナイト」のフレーズを歌い始めた。これには、安田も「やめろよ! 『お前らの歌、歌詞入ってこねえんだよ』みたいな感じになっちゃうから」と、笑いながら止めたが、その後も有吉は適当な歌詞をつけて替え歌にして何回も歌ってみせた。



これに対しネット上では、

「まさに正論」

「よく言った」

「有吉はやっぱりセンスの塊やわw」

などといった反応が相次いでいます。


若者を中心に人気があり、最近では小学生ファンも多いというセカオワ。

なぜ彼らはこんなにもネット界で嫌われ者なのでしょうか??


スポンサードリンク




まぁネット民は嫉妬心の強い人が多いですし(私含めw)

嫉妬心からくる拒絶反応も多いのでしょうね。

人気がある分アンチが多いだけ、というような気もします。


しかし!!

邦ロックを愛してやまない私にとって

去年セカオワのボーカル深瀬さんのインタビュー記事で話題になった

『ギターロック完全否定騒動』

は目をつぶる訳にいきません。


以下引用
Fukase:そうですね。結構、外界に触れないでここまで来たから。他のバンドを見てると、「今時、まだギター使ってんの?」とか思うし、「まだギター・ロックやってるんだ?」って思うし。自分たちはそれとは全然違う方向性だから、何とも思わないけど……でも、俺は寂しがり屋だから、自分の音楽がずっと残っていったらいいなと思う。イギリスのロックを真似してるような音楽をやってたら、長い間残ってくれないだろうなと思うから。「自分らしさ」って何だろう?っていうのを追求して、未来永劫残ってくれるものを作っていくためには、やっぱりオリジナリティが不可欠で。でも、奇を衒ってるだけでは人の心は掴めないんで。俺たち自身が楽しんで「いいね」って言いながら進んでいくことが重要なのかなと思ってやってますね。


この発言が炎上し、アンチが瞬く間に増えたというのも事実ですね。


過ぎ去りし2014年は爆発的な人気を誇ったSEKAI NO OWARI。

2015年、彼らの動向がどうなるのか楽しみですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。